スポンサーサイト

  • 2019年11月12日
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • by スポンサードリンク
  • -

『オークション出品中』10周年ありがとうございます!

いつもご覧いただき、本当にありがとうございます<(_ _)>

 

ヤフオク出品を初めて、なんと10周年になりました!!!

感謝の気持ちを込めまして、1円スタートオークションを開催させていただきます。

 

P1320739.jpg


 

 

初制作で、再制作予定のない、大きめショルダートートバッグ♪

LIBERTY リバティ バッグ

 

柄をご覧いただきたかったので、装飾なしで、ドーンとパッチワーク!

片面54枚です。

 

P1320709.jpg色違いで同じ柄はありますが、みんな違う種類です。

 

まー、ほんと、いろんな柄がありますよねー。

圧倒的に自分の好みの柄が多いです(^_^;)

 

P1320717.jpgうしろ側。こちらも前側と異なる柄54枚。

約20センチのファスナーポケットをお付けしました。

 

P1320721.jpgファスナーを開けると、リバティ「エミリー」

 

P1320724.jpg

本体はファスナー開閉です。

 

今回は、この部分をどうするか、最後まで迷いました。

先に内側の下部分(ピンクのリネン部分)を先に作ったので、

合わせる上の切り替え部分を、どーしようかと。

帆布を合わせてみたり、フラックス色のリネンを合わせてみたり。

あーだこーだして、イメージにピッタリだったのが、

大事に温存していた「エロイーズ」のリネン生地でした!

可愛いです!

 

P1320727.jpg内側はC&Sカラーリネン「グレイッシュピンク」

薄芯+ドミット芯をキルティングして、ふんわりした手触りです。

 

P1320728.jpgぺたんこポケット内側は、リバティ「Laurel ローレル」

 

P1320729.jpg2分割ポケットは、表裏ともにリネンで、リバティで縁取りしました。

 

P1320737.jpg

A4のクリアファイルや雑誌を入れて、ちゃんとファスナーが閉まります。

 

P1320732.jpg

底や角当ては、ベージュの合皮です。

もちろん2ミリ厚の底板入りで、しっかりお荷物を受け止めます!

 

P1320730.jpg

 

P1320731.jpg

 

P1320736.jpg

 

サイズ

縦約29センチ

横約45センチ(脇の縫い目から縫い目)

マチ底約12センチ×33センチ

持ち手長さ約48センチ(本体より出た長さ)

多少の誤差はご了承下さい。

 

本体全体を専用芯で補強しています。

本体内側は、ドミット芯をキルティングし、ふんわりしています。

持ち手は、手提げでも、個人差はありますが、肩掛けも出来る長さです。

2ミリ厚の底板入りで、お荷物を入れても型崩れや底のたわみを軽減します。

 

これでもかっ!てくらい、リバティを全面に使用しました。

さすがにこれは再制作しませんので、この機会にぜひどうぞ♪

 

巾着トート(小サイズ)も合わせて、オークション出品しています。

P1310854.jpg

 

こちらのブログでバッグの詳細をご紹介しています→

小振りですが以外と必要な荷物も入りますし、素敵カラーなんですよ。

合わせて、どうぞよろしくお願い致します。

 

また、誠に勝手ながら 4月26日(金)〜5月6日(月)まで、発送をお休みさせていただきます。

 

どこか出かけるとかではないのですが、配送業者さんもカオスなのではなかろうか?

と、思いまして。母の日ギフトとか多そうですしね。

安全の為に、発送は休止させて下さい。

 

また今回、久し振りの「オークション」形式での出品です。

終了時点で最高値入札の方の落札になります。

ヤフオクご利用ガイド」の、落札ガイドに詳細のご案内がございます。

入札が初めてで不安な方は、ご確認いただくと良いかもしれません。

私も初めての入札はドキドキしましたが、慣れれば何て事ないですよ。

 

***10周年から これから***

 

10年も制作を続けられているのは、ご覧下さっている皆様のお陰です。

心よりお礼申し上げます。

 

10年前はオークション以外の、いわゆるハンドメイド販売サイト

tetote、minne、Creema等は存在せず、

手作りの品の立ち位置って、そこまで価値を持たれていたのか、微妙な感じだったと思います。

その頃は「入園入学グッズ」とかが多かったのかなー。

それが段々と「ハンドメイド」がブームになり、販売サイトがドッカンドッカン乱立し、

ハンドメイド戦国時代に突入し、

あっという間に衰退し、淘汰され、現在数社の販売サイトが残った感じでしょうか。

 

栄枯盛衰を肌で感じていますが、こうやって続けられています。

作るものも、始めた頃と全っっっく変わっています。

制作していると、もっとこうしたい!とか、別のものに興味が湧いたり、

欲が出てくるんですよね。

制作欲が!

10年経っても、いまのままではダメだと思いますし、技術の向上は必須です。

また少しずつ、制作も変化していくのではないかと思います。

経験を土台に変化しつつ、いつご覧いただいても一定の水準を保った制作が出来るよう

気を抜かずに頑張って行ければ、と思います。

 

今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

スポンサーサイト

  • 2019年11月12日
  • -
  • by スポンサードリンク
  • -

プロフィール

月別アーカイブ

Twitter

保湿大事♪

*ミラーレスでも良い仕事します*

Sponsored Links