スポンサーサイト

  • 2019年11月12日
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • by スポンサードリンク
  • -

山へ行く・山梨県「大菩薩嶺」

6月17日 山梨県 大菩薩嶺に行って来ました。

 

大菩薩峠

日本百名山 3座目です。

 

ちょっと遠いので、前日夜に出発。

途中、道の駅「甲斐大和」でトイレと歯磨きを済ませ、上日川峠の駐車場で車中泊。

上日川峠に向かう山道で、鹿2頭、猫1匹に遭遇。

駐車場に着いたら即 寝られるように、寝袋やエアマットを広げてきたので、すぐ就寝しました。

真っ暗ですし、静かで快適でした。

 

上日川峠には、もちろんトイレもあります。

立派なトイレですねー。

女性用は、洋式1 和式2 水洗です。キレイ。

男性用はオットの記憶が曖昧で、普通にキレイだったそうです。

それと、多目的トイレ1(広くて洋式)

 

7時半頃には第2駐車場は満車状態でした。

(第3駐車場は見てないので不明)

8時過ぎには大型観光バスも来てましたし、交通整理の方もおられるし、人気っぷりに驚きましたー。

 

ロッヂ長兵衛

8時24分 ロッヂ長兵衛横から出発。

 

天気が良くて快適〜♪しばらくは緩やかな登りです。

 

笹とブナ林?に囲まれていますが、風が吹き抜けて、さほど熱も籠もらず心地よいです。

 

福ちゃん荘

9時3分 福ちゃん荘到着。

 

福ちゃん荘横にもトイレがあります(入ってないので詳細不明)

 

ここから大菩薩嶺まで、2つのルートが選択出来るんです。

 

一般的な観光ルートは、緩やかな「富士見山荘経由」。

我が家は、傾斜が急だけど登っちゃえば後が楽らしい「唐松尾根経由」で登ります。

 

しばらくはアップダウンのある尾根道を進みます。

この先で、前方を鹿4頭駆け抜けて行きました!すごい!野生動物だ!

 

晴れているのに、富士山は今日も見えない〜。

 

だんだん登りがキツくなってきました。ぜーはー。

 

コースタイムの半分過ぎた頃、ゴロゴロ石が増えてきたあたりで「キツイキツイ」と言われる唐松尾根が本気を出して来ます。

 

傾斜が急ーっ!カメラ傾けてませんよ。

 

大菩薩湖。しんどいながらも、景観がとても良いので苦痛じゃないです。

 

10時8分 雷岩到着。キツかったー。

直下は岩がゴロゴロしててよじ登りましたが、特に問題なく登れました。

私的には筑波山の岩場の方が辛いかな。

ここは広いし木陰もあるので、お昼休憩している人も多かったです。

 

雷岩から大菩薩嶺を目指します。

微妙に樹皮がはげているのが怖いんですが、熊じゃないよねー?ねー?

 

10時22分 大菩薩嶺登頂!

 

ここは展望がなく何も見えないので、写真を撮ったら即出発。

 

雷岩に戻って来ました。

さっきよりお昼食べてる人が増えてる!

 

雷岩から大菩薩峠まで、山々を見ながらの尾根歩き♪

お天気さえ良ければ、富士山を見ながら歩けるそうです。

 

・・・(T^T)フジサン ミエナイ

 

ええ、富士山を眺めながらの尾根歩きが目的だったんですよ。

その為に唐松尾根を登るルートにしたんですが、雲が多く残念!

 

でも、晴れてるし景色良いし、最高の山歩きです。

 

標高2000メートルの標識。

 

稜線歩きなので、ずっと先が見えますねー。

 

素晴らしい風景に魅了され、のんびり歩いていたら、

岩場がありました。

我が家は上から下ってきましたが、逆ルートだと登らないといけないんですね。

怖そうですが、こーゆー岩場って、案外チビッ子は登るの早いんですよ。

ウエイトも軽いせいか、スイスイ登ってました。

 

岩場を過ぎると「賽の河原」が見えて来ました。

石塚がたくさん。

 

11時5分 賽の河原到着。

 

展望も良いので、この先の岩場でお昼にしました。

 

が、

 

季節柄なのか、ハエが多くて(^_^;)

ハエを払いながらご飯を食べ、コーヒーも煎れずにササっと出発しました。

コーヒー煎れないのは初めて!

その位、ハエが多かったんですよー。

 

10分ほどで介山荘が見えて来ました。

 

大菩薩峠

11時54分 大菩薩峠到着。

山頂より、こちらの峠の方が展望も良く、撮影&お弁当スポットですねー。

介山荘では甘酒をいただきました。

 

ここもトイレがあり、水洗じゃない和式ですがとってもキレイでした。

お掃除をマメにされてるんだと思います。感謝!

 

峠からの下山は「富士見山荘経由上日川峠(駐車場ゴール地点)」が一般的なんですが、

 

ここは「石丸峠経由上日川峠」ルートを選択。

駐車場まで少し遠回りになる感じ。

 

大菩薩峠までの穏やかな山歩きと全く違い、熊沢山は急登で険しく、荒々しい展望のない山道が続きます。

30分程度なので、ひたすら我慢。

ちょっと前回の三つ峠っぽい。

 

植物の写真を撮ろうと、しゃがむと、途端にハエまみれ(涙)

100均のマクロレンズを持って来たのに、立ち止まると鼻の穴までハエが入ってきて、撮影どころじゃなかったです。

 

険しい山道を登りきると、見えて来ましたー。

 

視界がスパーンと抜け、素晴らしい稜線!

 

一面の笹原。

 

どなたかのブログで拝見し、どうしても、この笹原を歩きたかったんです。

ここは天国ですかーっ。

 

このまま向こうの稜線まで歩いて行きたい所ですが、上日川峠方面へ。

 

展望は良いのですが、ちょっと道幅が狭くなってきました。

 

車道が見えて来ます。

 

降りてきた所。熊注意!

ここから林道に入り、車道を渡り、また林道に入り、

 

沢を3本渡ります。この沢が一番大きかったです。あと2本はチョロチョロ。

ただ、雨の後などは気を付けた方がいいかもしれませんねー。

前日までの天気予報はチェックした方が安心安全。

 

あと、石丸峠ルートは5〜6人くらいしか人に会わなかったので、熊に会ったらどうしようかと、弱冠不安になりました(^_^;)

 

穏やかですが登り道の林道を抜け、上日川峠でゴール。14時25分。

 

 

山行4時間53分

休憩1時間10分

合計6時間3分

距離9.49キロメートル

 

展望が良く、歩きやすい、最高の山行でした。

特に危険箇所もなく、高低差も少ないので体力的にも余裕を持って登れると思います。

なんせ私ですら筋肉痛になりませんでしたから!

 

下山後は「やまと天目山温泉」へ。

 

3時間510円と、めっちゃ良心価格!

ジャグジー、寝湯、露天、源泉とあり、私は全部入りました。

露天は木々に囲まれ、山から涼しい風が吹き抜け、ほんとに気持ち良かったです。

源泉は少し温度が低いので、火照りがとれ、入浴後着替えてる間も汗をかかずに済みました。

休憩所も団体用と一般用が分かれているので全然混み合ってなく、これまた涼しい山風が入ってきて、もうここで寝てしまいたい位くつろがせて頂きました。

 

大菩薩嶺はまた別ルートを歩きたいですし、合わせて天目山温泉にまた入りたいです。

 

  

 

スポンサーサイト

  • 2019年11月12日
  • -
  • by スポンサードリンク
  • -

プロフィール

月別アーカイブ

Twitter

保湿大事♪

*ミラーレスでも良い仕事します*

Sponsored Links