スポンサーサイト

  • 2020年06月22日
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • by スポンサードリンク
  • -

山へ行く・奥秩父「笠取山」その1

11月5日(土)奥秩父「笠取山」に行って来ました。

笠取山 標高1,953メートル。

 

3時半起き4時出発。

登山道への入り口「作場平橋駐車場」8時到着。

グーグルマップには表示されますが、カーナビで出ない場合は「一の瀬高原キャンプ場」を目指せばOK。

 

 

埼玉、山梨の県境の山なんですけど、多摩川の水源で、東京都水道局の水源林として東京都管轄の山(で、いいのかしら)

 

「都民マネー」で、とっても整備された山との事で、この作場平橋駐車場には、和式バイオトイレが設置されていてます。

どのブログでもトイレのキレイさが好評でしたが、うーん・・・です(^_^;)

頻繁に清掃はされて無さそうです。

が、トイレがあるだけ有り難いです。

 

看板のハイキング地図は、東京都水道局HPからダウンロード出来ます。→

 

ハイキング後に、あれ?と思ったんですが、この地図、何故か、一般的な人が歩くペースの基準となる「山と高原地図」より、タイトなコースタイムになっています。

分岐など詳しく載っているので便利なんですけど、この通り歩くとシンドイかもしれません。(私のような体力なし子は)

 

今回は、上の地図をプリントアウトしたもの+「山と高原地図」+GPSアプリを起動!

 

案内看板の脇の登山道から出発。

とっても開けた登山道。

 

クマ注意!はい、注意します!

 

登山道脇の林のあちこちに、巣箱がありました。

 

渓流沿いで、とても気持ち良いです。

 

たくさんの木製の橋を渡ます。

 

ひゅうー。

 

この1本目の端を渡った所で、森からカサカサと音が!

 

じーっと見ていたら、イノシシがトットコ走って行きました・・・。

 

仮にも東京都管理の山に、イノシシて!( ̄□ ̄;)!!

少し先を歩いていたオットは見えなかったようです。残念。

 

一休坂分岐。

分岐にはベンチもあり、道を間違う事はないかなー。

右の一休坂は急登で、下りに使う方が楽そうなので、このまま直進します。

 

水が透き通ってますねー。

 

また、ひゅーポイント。下が丸見え!

「ヤブ沢ルート」を歩いていますが、途中の少し登りの所で、ぬかるんだドロドロポイント有り!

 

ドロに泣きつつ、ヤブ沢峠分岐から笠取小屋までの登山道は、めっちゃキレイ!

 

しゃらしゃらと、落ち葉の上を歩く。

下りの落ち葉は滑って怖いんですけど、登りは楽しいですねー。

 

まだ紅葉も残っていて、素晴らしい景色。

 

笠取小屋が見えて来ました。ここで小休憩です。

 

こじんまりとした小屋ですが、ぐるっと囲むようにテント場があるんですねー。

ここのベンチでオヤツを食べつつ、山小屋の管理人さんと少しおしゃべり。

 

「テント気持ち良さそうですねー」

「もう寒いよー」

 

みたいな感じで、めっちゃ気さくに話して下さいました。

事前調査でも人柄が良いと評判だったのが良く分かる!

いつかテン泊したいです。

 

ちなみに、ここのトイレも下の駐車場と同じバイオトイレです。

とってもキレイに清掃されてました。有り難い!

 

山小屋を出て、整備されまくった登山道を進むと「小さな分水嶺」があります。

 

山梨、埼玉の境目の碑。

 

「ここから山梨市側は笛吹川(富士川の支流)、秩父市側は荒川、甲州市側は多摩川へと別れている。また、これを示す石柱がある」だそうです。←Wikipediaより。

 

石碑を背にすると、

ドーン!と、富士山。

 

分水嶺を後にし、しばし下ったり登ったりし、見えて来ました。

 

本日のメインイベント。

 

笠取山山頂への急登アタックです(笑)

 

その2へ続く!
  

スポンサーサイト

  • 2020年06月22日
  • -
  • by スポンサードリンク
  • -

プロフィール

月別アーカイブ

Twitter

保湿大事♪

*ミラーレスでも良い仕事します*

Sponsored Links