スポンサーサイト

  • 2020年06月22日
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • by スポンサードリンク
  • -

山へ行く・群馬県「尾瀬ヶ原」

10月15日(土)群馬県『尾瀬ヶ原』にハイキング行って来ました。

 

参考サイト 尾瀬ハイキング観光情報→

 

まさかの2週連続 群馬県。しかも道中ほぼ同じ。

約200キロ。

 

今回は金曜の夜に出発し、尾瀬第一駐車場で車中泊です。

翌朝は4時起床予定。金曜中に着きたかったので、高速使用です。

 

21時30分出発→高速利用で、0時ジャストに着きました!

先週7時間もかかっているので、感動的な早さ。

 

尾瀬第一駐車場は、24時間1000円。

トイレもキレイで快適でした。

標高985メートルと言う事で寒さが心配でしたが、厚手裏起毛スウェット上下に湯たんぽで問題なかったです。

 

尾瀬の入り口 鳩待峠まで、バスやジャンボタクシーでの移動になります。バス時刻表→

 

バスは1時間に1本位なので不安になりますが、ジャンボタクシーがたくさん待っていて、人数が揃い次第出発してくれます。

バスもタクシーも、大人930円。

バスの時刻とか、な〜んにも心配しなくて大丈夫です!

 

5時20分頃 鳩待峠到着。標高1591メートル。

無料休憩所が開いてますが、食事の提供はありません。

持参したパンで朝ごはん。

 

次第に明るくなって来ました。

ど晴天です!

 

出発ゲート。緑のマットで靴のドロなど落とします。

 

「山の鼻ビジターセンター」に向かうんですが、なかなかの下り道です。

どのブログを拝見しても、帰りの登りがキツかったと書いてますし、ちょっと不安。

 

木道に霜が降り、滑りますねー。

 

朝日が昇って、山肌がオレンジ色に染まってきました。

早起きしないと見られない景色ですねー。しかし、ビジターセンターが遠い・・・。

 

やっとこさ、山の鼻ビジターセンター到着。

標高1400メートル。午前7時の気温−2.4℃だったそうです。(←マイナスて!)

 

この向かいにテント場があり、色とりどりのテントが張っていてキレイです。

ここから、尾瀬ヶ原方面と、至仏山に登る人が別れるんですね。

至仏山もピーカン!

こんなに気持ち良く晴れている日に登れると最高なんでしょうね。

 

尾瀬ヶ原に向かう我々は、「山の鼻」→「牛首分岐」→「竜宮」→「見晴」のルート。

戻りは「見晴」→「東電小屋」→「ヨッピ吊橋」→「牛首分岐」→「山の鼻」のルート。

ざっくり22キロくらいの行程です。

 

ずーっと正面に、燧ヶ岳を見て歩くんですねー。

湿原に霜が降り、白く幻想的な雰囲気に。

もう皆さん霜に霧中で、写真を撮りまくってました。

 

霜、美しい・・・!

これも日が昇る前しか見られない景色なんでしょーねー。

 

湿原に反射した朝日の煌めき。

 

「逆さ燧」も、くっきり。

前を歩く人が写真を撮ってる所が撮影スポットなので「あ、あそこで撮るんだ」ってすぐ分かります。

 

見渡す限りの湿原なので、景色はほとんど上の画像と同じなんですが、山小屋付近は木立が増えてきます。

 

ちなみに木道の幅は、狭い所で、こんな感じ。

雨の日なんかは、滑りそうで怖いです。

 

9時半「見晴」到着。山小屋が数軒あり、テント場もあります。

ここでお昼休憩。

 

今回は珍しく弁当持参。

気温が低いので腐る事はなかろうが、作ってから17時間後位に食べるので、火を通したものしか入れませんでした。

タッパーは、ドーバー パストリーゼ77で消毒し、更にラップを敷き、おかずが散らばらないよう覆いました。

おにぎりは「おにぎり 固くならない」でググり、

・塩を入れて炊き

・炊きあがりオイル混ぜ

・冷めてから握る

で、まったく固くならず、時間が経っても美味しく食べられました。

食後はコーヒーでまったり。

 

では、戻り出発!

東電尾瀬橋。

 

川幅が広く、見応えのある流れ。

湿原ばかりなので、違った景色が新鮮!

 

ヨッピ吊橋。

 

牛首分岐まで戻った所で、今回の目玉行動食・アミノバイタルでアミノ酸5000mg補給。

なんだか、めっちゃ元気になった気が(プラシーボ)

 

ここで「ありがとう尾瀬」と言う、素敵なネーミングの清掃活動をされている方々と一緒になりました。

こうやって、人の手で尾瀬は守られてるんですね。

 

山の鼻ビジターセンターまで戻り、最後の登りに備えて栄養補給!(食べてばっか)

花豆ソフトクリーム。まいうー。

ちなみに、山の鼻では500円。鳩待峠では400円。

 

18キロ歩いた後に、3.3キロ登りになるので、かなりシンドかったです。

きつい登りは途中にベンチがありますので、休み休み、コースタイムで登りきりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾瀬、最高ーーーヾ((*≧∀≦*))ノ゙

 

尾瀬は環境を守る為、おトイレは1回100円募金するのが望ましいとの事で、小銭をいっぱい用意しました。

どのおトイレも、とーってもキレイで清潔でした(山なのに!)

 

ご覧のとおり、閑散期で人も少なく、大自然ひとりじめ状態♪

また別ルートを歩きに来たいです。


  

 

「屋久島22キロ歩く」を目標に体力作りをしていますが、思いのほか早く「22キロ」歩く経験が出来ました。

でも屋久島は登りがあるので、こんなもんじゃないんでしょーねー。

スポンサーサイト

  • 2020年06月22日
  • -
  • by スポンサードリンク
  • -

プロフィール

月別アーカイブ

Twitter

保湿大事♪

*ミラーレスでも良い仕事します*

Sponsored Links