スポンサーサイト

  • 2019年11月12日
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • by スポンサードリンク
  • -

3代目相棒☆T-falアルティメットスチームパワー

JUGEMテーマ:handmade

オークション出品中

9月23日(水)終了。
どうぞよろしくお願い致します。


縫い物をするにあたって、当然ですが道具が必要!

ミシンはもとより、これも必須アイテムです。

アイロン買い換えましたー。

このアイロンが出た時から、次はコレにしようと、決めてはいたんです。
が、発売当時はamazonでも15,000円ちょい。
なかなか手が出ず、1年半ほど経ってしまいました。

でももう、コンフィグリップ(左のやつ)が限界で。

比べてみると、T-falのが大きいです。
でもT-falのが弱冠軽い。
タンク容量は、コンフィグリップ400ml、T-falが350ml。

普段使いだったら、こんなに大きいアイロンは要らないよな、と思うんですが、ハンドメイド的には、

ハイパワー、タンク容量が大きい、重くて結構、コード必須。

これ以上の物を求めようとすると、もう業務用アイロンになってしまいます。
近年の物価高で業務用アイロンも随分値上がりしてしまったり、業務用アイロンには、それなりのアイロン台も必要になるので、ちょっと買えないんですよね(^_^;)

ちょうどオットのリネンシャツ(アイロン掛け放置してた)があるので、掛けてやろう。

温度とスチームMAXで、このくらいシワが取れました。

以前のアイロンと比べると、音が静かで、ホントにスチーム出てんの?と、何回もアイロンを持ち上げて見てしまいました。(疑い深い)
細かいシワまで取ろうとすると、霧吹きで直接布を濡らさないと無理ですが、着る物に関しては、これで充分じゃないでしょーか。

ハンドメイド作品用のリネンの地直しには、やはりビショビショに布をぬらして、ピシーっと掛けないと細かいシワが取れませんでした。

ちなみに、アイロンと一緒に、アイロン台含め色々購入。

ああ、便利なamazon。
段ボール3つで来たけど。

アイロン台は、平台を使っています。

使い方は、もう現役引退した、このアニマル柄の足付きアイロン台に、

(電気屋さんで買ったアイロン台なんですけど、かなり丈夫な作りになってます。)


ばーんと、平台を乗っけています。
そして平台のみ半年〜1年に1度、買い換えています。
高温スチームを尋常じゃないレベルで浴びてますから、アイロン台は長持ちしなくても仕方ないんですよね。


シャツを掛けている時は気が付きませんでしたが、アイロンの先っちょがトンガリ系なので、細かい所も掛けやすいです。
あと、熱の伝導率も良いのか、短い時間でシワが伸びている感じ。


新しいアイロン&アイロン台で、tetote出品用のがま口も順調に制作中です。

と言うか、もう出来ましたので、撮影編集が終わり次第、プレビューでご覧頂けるようにします。
カートオープンは、連休明けの予定です。
  

アイロン、どの位もつかなー。
前のコンフィグリップは、2010年に購入し、1年後にはメーカー修理に出してました。
(修理対応は、とっても良かった)
家庭用としては尋常じゃない頻度で過度に使ってますから、アイロンの中のパッキンが劣化して、水が漏れてしまうんです。
多少漏れながらも適度なスチーム状態で問題なかったんですが、ここ数ヶ月は常にハイスチーム状態で。
ドライで使う時は、中の水を抜いて使っていました。

T-falが思ったより良かったので、もっと早く買い換えればよかったなー。



 
アイロンはコレ。

 
アイロン台はコレ。
買ってから気が付きましたが、国産のアイロン台でした。
ちょっとクサイけど、使い始めはそんなもんかな。

スポンサーサイト

  • 2019年11月12日
  • -
  • by スポンサードリンク
  • -

プロフィール

月別アーカイブ

Twitter

保湿大事♪

*ミラーレスでも良い仕事します*

Sponsored Links